栃木でやることで研鑽されるというと

日光東照宮などの文化遺産がたくさん存在している栃木県において、海がない県として電力供給能力をどのようにあげていくかが課題となっているそうです。
そのため、広大な山の斜面などのスペースを利用した、太陽光発電システムを設置するという試みが持ち上がっているそうです。null
おりしも、政府が決定した再生可能エネルギーで発電された電気の買い上げ制度があるため、その買い上げ制度を有効に活用して、売電したお金で地元経済を活性化させようという狙いなのです。
栃木県は観光収入だけでやっていくのではなく、太陽光発電によって、電気も自前でまかなっていけるような状況まで視野に入れて、太陽光発電システムを官公署の建物の屋上などにも設置して、何とかして財政を立て直そうとしていますから、その姿勢は、県民の皆さんにも、エネルギー問題に対する考えを研鑽させると思われるのです。
県民一人一人が、エネルギーを大切にしてエコロジーな生活をしていこうと志し、エコロジー意識が研鑽されれば、太陽光発電システムへの投資は充分有意義なものになると思います。