太陽光発電の導入

太陽光発電を導入するととってもお得だということがわかりましたね。
太陽光発電を行うメリットがしっかりわかってもらえたのではないかと思います。
では次に、太陽光発電を導入したい!と思ったなら、どういった手順で設置されるのかを解説していきたいと思います。

1.太陽光発電のための実地調査
太陽光発電のパネルの設置場所や設置面積を決定するために、実際の取り付け場所のチェックを行います。日当たりや日照時間を考慮し、最も効率的な設置可能場所を割り出します。
また、同時に現在の電力使用量を調査することによって、どのような太陽光発電のパネルが最適であるかもわかります。

2.シミュレーション
実地調査でわかった情報から、実際に太陽光発電パネルを取り付けて太陽光発電を行う際のシミュレーションを行います。
どれくらいの発電量が見込めるか、設置後の概観はどのようになるか、光熱費はいったいどれくらい安くなるのかなど、さまざまな視点からのシミュレーションが可能です。

3.見積もり
希望の太陽光発電パネルを設置するためにはどれくらいの費用が必要であるかの見積もりを出します。

4.補助金の申請
太陽光発電装置を設置する際には国からの補助金が補助されることになっていいます。手続きは基本的に施工会社が代理で手続きを行ってくれるので、書類への記入や捺印などを行います。
場合によっては補助金の申請は自分でやらなければならないこともありますので注意しましょう。

5.工事前調査
実際の工事に当たっての各種機器の取り付け位置などを最終確認します。

6.施工
太陽光パネルの取り付けや電気工事、操作機器などの取り付けを行います。それほど大掛かりな工事であることは少ないので、既存の住宅への設置工事であれば、数日以内に終わることがほとんどです。

7.電力会社との接続・発電開始
電力会社との間で太陽光発電開始の手続きを行い、これが完了するといよいよ発電を開始できます。

get( 'keyword', 3 ) ?>
get( 'comment', 3 ) ?>