寿命とお手入れ

太陽光発電を導入するときに気になることの一つに、太陽光発電パネルの寿命とお手入れ方法があります。
太陽光発電パネルの寿命って長いの?短かったら元が取れないのでは?などといった心配や、太陽光発電パネルの掃除をこまめにしなければいけないんじゃないかなどといった心配の声が良く聞かれます。
ここでは、太陽光発電システムの寿命とお手入れについて解説したいと思います。

・太陽光発電システムの寿命
太陽光発電システムの寿命については、実はまだはっきりとしたことがわかっていないのが現状です。
その理由は、家庭用の太陽光発電システムがまだ使われ始めてからそれほど年月の経っていない、新しい技術であるからです。これまでに導入された太陽光発電システムはまだ寿命を迎える段階まできていないので、寿命についてはっきりと断じることは難しいのですね。
ただ、一般的に言われている寿命は20〜数十年程度です。中には半永久的に使用できる、と謳っている業者もありますが、機械的な性質を考えるとさすがに半永久的に使用するのは難しいのではないでしょうか。
ほとんどのメーカーは太陽光発電システムに10年間の保証をつけているので、少なくとも10年間は安心して使用できると思って間違いはないでしょう。

・太陽光発電システムのお手入れ
太陽光発電のパネルはほこりなどの汚れが表面に付着すると発電効率が低下してしまうといわれています。
そのため、ある程度時間が経つとパネルを掃除する必要が出てくるのです。
しかし、太陽光発電パネルの設置場所はほとんどが住宅の屋根です。屋根の上にのぼって不安定な足場の中でパネルを掃除して……というのは、想像するだけでも大変そうだということがわかりますよね。
この掃除は、どのくらいの頻度で行うのが良いのでしょうか。
メーカーテストによると、太陽光発電パネルの汚れによる発電効率の低下は3%以下であると発表されています。
それならば、1年に1度掃除する程度で大幅な発電効率の低下は避けられるのではないでしょうか。
必要な場合は専門業者に依頼することもできるようです。

get( 'keyword', 5 ) ?>
get( 'comment', 5 ) ?>