太陽光発電で、発電&節電

最近は、太陽光発電用のパネルを屋根につけた住宅も、以前ほど珍しくなくなりました。
建設当初から、太陽光用のパネルを屋根につけた新築の建売住宅もあるほどです。
近所に住んでいた友人も、賃貸から、そういった太陽光発電パネル付きの新居に、先日引っ越したのですが、発電による電気料金の売電があるのはもちろん、電気の動きが数字となって目に見える事で、発電以上に節電対策になっているそうです。
なかなか電気の動きを、日々気にされているお宅は少ないかと思うのですが、太陽光発電パネルが設置されているお家だと、発電量をチェックするために、家の中の見やすい所に発電量と電気の使用量が見えるモニターが設置されています。
今現在の発電量はもちろん、その時に家で使用している電気の量が、数字として見える事で、家族みんなが節電しようという気持ちになれるそうです。
2階でエアコン暖房を、高すぎる温度で使用すると、数字がグンと上がるので、階下でもすぐにわかるそうです。
そうやって数字として見えると、今すごく電気を使っているのだなと実感できて、無駄遣いが減るのもわかりますね。
また、もちろん売電によるプラス面も、とても嬉しい収入源になっているそうです。
友人のダンナさんも、帰宅するとまっさきに太陽光パネルのモニターを、嬉しそうにチェックしているそうです。
パネルの耐久性や、発電力も、需要の高まりに応えて、技術力もどんどんアップしているので、以前よりもお値打ちに高性能のパネルが手に入ります。
今は、ネットで工事などの見積もりもできるので、発電はもちろん、節電に興味があるかたにも、ぜひおすすめします。